2009年02月09日

頭金不要の1棟買い不動産投資

頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる

年収243万円、勤続2年にも満たない男が、1億2,500万円の投資用不動産を購入できた驚愕の方法を初公開










ビンボーのドン底から頭金を使わず、不動産投資を始め10棟もの不動産を手にし、毎月の家賃収入1,200万円も手にする男の事を知りたくありませんか?





頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる お気に入りに追加

低所得、勤続2年未満の人間が、投資用1棟マンションを購入する方法


なぜこのやり方を知ると
20代 年収243万円の若造まで
1棟マンションを購入し、家賃収入で
遊んで暮らせてしまうのか?


   元プータローが教える、全くのゼロから
   わずか1年間で3棟ものマンションを購入した
その恐るべき手法を初公開



お金持ちになって悠々自適な生活を送りたい。誰もが夢見ることでしょう。
私もそう思ったひとりです。そして、そんな生活を手に入れることに成功しました。

あなたもその夢を、叶えてください。



不動産に興味を抱いたあなたはきっと『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだ事があると思います。
お金の哲学について述べている書籍で、日本でも大ベストセラーになりました。
著者のロバート・キヨサキ氏は本の中で語っている通り、不動産投資でお金持ちになりました。

この本を読み
「不動産投資で金持ちになれるなら、実践してみたいな」と思ったかもしれません。

では何故あなたは、『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだのに、不動産投資をしていないのですか?

そんな質問をされると、耳が痛いとあなたは言うことでしょう。
あの本には、「具体的にどう行動したら良いのかが全然書かれてないよ」と反論するかもしれません。

あるいは、あそこにかかれている成功物語は、「今の日本の現状では実現不可能な夢物語さ」と
他人ごとのように言うかもしれません。

そんな『金持ち父さん・・・』の読者卒業生である、あなたに是非知ってもらいたい、
決して夢物語でなく、実現可能なことであることを。
「どうしたら不動産投資で億の財産を築くことが出来るのか」を。



プータローから一転、不労所得でゆとりの生活
今の私は、お金には困りません。好きな時にふらっと飛行機に乗って地方に旅に出たり、
海外にも飛んでいくことが出来ます。日がな1日読書をしようと思えば、寝っ転がって読書三昧にふけることも出来ます。

こんな生活をあなたも手に入れてみたいと思いませんか?あなたならきっと出来るはずです。
マニュアルに書いてあることに忠実に守っていけば、あなたも億の資産を築くことが出来ます。
出来ると断言します。

何故なら、お金の無かった元プータローの私にも出来たのですから・・・

私が悪戦苦闘の中から掴んだ、不動産投資で成功する方法を一挙に公開し、1人でも多くの日本人に『金持ち父さん 貧乏父さん』に描かれていたことを実践していただきたいと、本当に思っています。

『金持ち父さん・・・』は決して、欧米の成功者のフィクションではありません。日本人であるあなたも、きっと”金持ち父さん”になれるはずです。

それにはより大きなマインドを持つことが重要です。
そのあたりのことも具体的に網羅してみました。




  こんにちは。不動産投資家の沢村隆です。
  
  恥ずかしながら、以前の私は日々の生活もままならないくらい
  お金のない、俗に言うプータローでした。

それがあることをきっかけにして、不動産投資家として豊かな生活を送れるようになりました。

『金持ち父さん・・・』を読んで、志を持ったあなたにも同じ喜びを感じてもらいたい、という一心でこの手紙を書きました。

元プータローだった身からすれば、サラリーマンや自営業者であるあなたは、間違いなく
私よりも早く資産を築けるはずです。




わっ、お金がない、どうしよう!

明日は電気料金の引き落とし日なのに、口座に全然お金が入っていない。すでに電話料金は滞納で、通話も出来ない日々が続いている。いけない、このままでは・・・

気ままな生活を送ってきたツケが、今ここで一気に噴き出してしまった。

働かない生活が続いているので、お金が無くて当然だ・・・。
でも、ここでのたれ死んでしまうわけにはいかない。
何としても這い上がらねば。
でも先立つものは何もない・・・

振り返ってみれば、こんな生活をするためにフリーターを長くやっていたわけではない。
自分には夢があった。 一流のミュージシャンになることだった。でも目的と目標が曖昧なまま、ずるずると時間だけが過ぎていった・・・

金がないということは、いろいろな付き合いにも参加できない。
すると仲間は1人欠け、2人欠け、みんな自分の元を去っていった。

こんな状況を、何とかしなければならない。
でも、本当に先立つものがない・・・


お金持ちになってやる
古いアパートの一室でずっと考えこんだまま、数時間が過ぎていった。
ここには風呂などないし、トイレがある程度だ。台所と呼べるようなものもほどんど
ない。6畳和室1間、26,000円の家賃だが、それさえも払えるかどうかという瀬戸際だ。

なぜこうなってしまったのだろう?もっと大きな目標があったではないか・・・?

あれこれと思案を巡らしているうちに、時間だけがどんどん過ぎていく。
本当はもっと大きな自分になりたかったのではないか?・・・

そうだ、もっとビッグになって、見返してやりたいやつもいっぱいいる。必ずお金持ちになって、みんなを見返してやりたい・・・

そんな思いだけがふつふつと沸いてくるのだが、現実はどん底にまっしぐら。
このままではいけない・・・。


本当のお金持ちって?
そういえば数日前に、町で古くからの友達にバッタリ会って話したっけ。

友:「相変わらずの生活をしているみたいだな。でもおまえ、確か金持ちになりたいんだって言ってたよな?今でもそう思い続けてるのか?」

私:「うん。そうだよ、今でもなりたいと思っているよ。」

友:「だったら何かを変えないと、金持ちにはなれないよね。」

私:「そうだね・・・。」

友:「本当のお金持ちって知ってるかい?」

私:「え?なに、それ」

友:「本当の金持ちっていうのは、あくせく働いてなんかいないんだよ。上場企業の会社の社長が、本当の金持ちじゃないんだよ。」

と、友達は事もなげに言ってくれた。

彼は立場上、本当の金持ちと接する機会に恵まれた人間だったのだ。そして具体的に見てきている金持ちは、決してあくせくと働いてなんかいない。みんなのんびり優雅に暮らしている。
それなのに長者番付の上のほうには決して出てこない。そんな話が頭の中をよぎった。

私:「そうか、金持ちはあくせく働かないんだ。じゃ、どうやって金持ちになっているの?」

友:「うん。不動産投資とか、株の投資で資産を増やしているんだよ。」

私:「そうか、不動産投資か、株式投資か。」

・・・でも、先立つものがないな。


おまえは不動産投資向きだよ
友:「株の投資と不動産の投資、両方をやっている人間もいるけれど、どちらかで大きく成功している人は結構いるよ。」

そして、株向きの人間と、不動産投資向けの人間は気質によって違うということも教えてくれた。

株のほうは比較的細かく、いろんなことで数字を常に見ている、そういうタイプの人間のほうが向いている。不動産投資のほうは、物事を大きく捉えて、大胆な戦略を打てるタイプの人間のほうが成功する・・・そのようなことを語ってくれた。

そして、

友:「おまえは絶対、不動産投資向きだよ」

と、言ってくれた。何を根拠にそんな事を言うのか、友達の目的も皆目理解できないし、そう言われてもただの夢物語のようで、現実味を感じない。
こんなどん底の生活の中で、不動産投資なんてできるわけもない。とその時思った。



でもその日、三日月が煌々と見える部屋の中で、四六時中ずっと考え込んだ。
どうしたら自分は不動産投資ができるのか?どうしたら成功できるのか?
一晩中まんじりともせず、明日の支払のことなどこれっぽちも考えず、ずっとそのことだけを考えていた。

翌朝、さっそく”どうやって不動産投資の第一歩を進めるか”ということで、何かしら資料はないかと思って、図書館に行ってみた。しかし、これといって良い資料に巡り会えるはずもなく、ただ漫然と時間だけが過ぎ、もう帰ろうと思った矢先に1冊の本に廻り合った。


不動産投資に必要なもの
そこに書かれていたことは、不動産投資をする場合、その不動産自体が担保価値が高いことと、収益を生み出すことから、資金がなくても銀行からの融資を受けることで購入が可能だということだった。

また、融資を受けることが一般的であるとも書いてあった。
「借金するのが当たり前?!」
お金のない自分にも、希望の光が見えてきた。

しかし、喜んだのもつかの間・・・

銀行融資を受けるためには、本人の「属性」が問われるということであった。
「属性」とは、その人の資産背景の事で、サラリーマンで云うとどんな会社に勤めて
いるのか、勤続年数はどれくらいか貯金はどの位あるかと云うことである。

そうか。「属性」か。自分の今の姿のままでは不動産投資をする資格さえも無いんだ。
いままで目指していたものがすべて否定され、絶望の淵に取り残されたような気分にさせられた。

お金持ちに成るためには、今の気ままな生活から抜け出さなくてはならないのか?このままミュージシャンとして成功する事は夢物語だと云うのか?

悶々と考える日々が続いた。

そうだ!金持ちになることが目指していた本来の目標じゃなかったのか?なんでミュージシャンになりたかったのかという事も、突き詰めれば大きなお金を手に入れたかったからに他ならない。

であれば、より現実的な行動を取るしか方法はないはず。


プータローとの決別
もうこんなプータローの生活はやめて、会社勤めをして、ある程度銀行の信用力を付けないとお金は借りられないんだな、と考え私は決心した。
「会社勤めをもう1度しよう」

学校を卒業してから1年半の間だけ会社勤めをしたことがあった。その後はアルバイトをしたり、何も仕事をしなかったりという日々が続いていたが、もう1度サラリーマンになることを突然決意したのだ。

プータローからサラリーマンに戻るのは結構ハードルが高い。社会経験が無いに等しいのだから、面接でも落とされ続けた。現実の厳しさが嫌というほど身に応えた。サラリーマンさえも無理な身分に自分はなっているんだと、嫌がおうにも自覚させられた。

就職活動を続けていたある日、ようやく某会社の営業職に入ることが出来た。
スキルがないので、その時点で殆ど落ちこぼれサラリーマンになることは、約束されたも同然だったが。

そうして自分の属性を上げる事だけを目的としたサラリーマン生活を、なんとか継続させる日々は続いた。


運命の巡り合い
やがて月日が過ぎて3年ほど経ったとき、『金持ち父さん 貧乏父さん』が出版された。
日本でも大ベストセラーになった。その本を幾度も幾度も読み返し、自分のマインドを大きく膨らませることにした。

「このままではいけない」と誓ったあの日から、もうすでに3年も過ぎた。ここで何としてでも不動産で金持ちになるんだ・・・自分に言い聞かせた。幸い会社勤めをして3年過ぎたので、銀行の信用力もついたであろう。

そこで一大決心をして、不動産を探し回った。でも、来る日も来る日も、何を基準にして探してよいのか分からない、暗中模索の状態が続いた。

ある日、ようやく1つだけ良い物件に巡り会う事が出来た。3億円の物件で総タイル張り、鉄筋コンクリート6階建ての綺麗な1棟マンションだ。これこそ自分が探し求めていた
物件である。

この不動産を手に入れさえすれば念願だった不労所得による生活を始める事ができる。
念願の恋人にでも出会えたような高揚感がふつふつと込み上げてきた。


失望と挫折
喜び勇んでさっそく銀行に向かい、その物件を元に全額の融資を頼んだ。
しかし、けんもほろろに撥ねつけられてしまった。

それでも、金持ち父さんに絶対になってやると決めているので、めげるわけにもいかない。なんとか気力を振り絞って、別の金融機関に当たったが・・・

やはりだめだった。

「あ、自分は融資を受けられない人間なんだな」そのとき初めて悟り、また同時に
挫折感を味わってしまったのだ。

自分の属性が良くないのか、購入価格が高いのか、あるいは銀行側から見て融資
に値する物件なのかどうか、それすらも判らず、融資を依頼しては、
拒絶される日々が続いた。

当然、不動産関連の本もたくさん読んだ。しかし、それを参考に実践してみても、
相変わらず良い返事がもらえない・・・

何がいけないんだろう?きっと根本的なやり方が違うんだな

サラリーマンの生活を続けながら、物件の選定と融資の依頼を続ける事は本当に
気力のいる作業だった。よくあれでメゲなかったと我ながら感心する。


1棟目が買えた!
そんな悲惨な日々も、ある事をきっかけに飛躍的に改善されることになった。1棟目の不動産が買えたのだ!

しかもいきなり億の物件である。税引き後の手取り収入もかなりのもので、
年間300万円以上もあった。そこからは快進撃で不動産を次々と買うことが
できた。

そして、念願だった不労所得で生活ができるようになった。お金に余裕ができてからは伴侶にも恵まれ、すばらしい家庭を築くことができた。あんなにお金に苦しんでいた事がまるで嘘のように、今は余裕の生活を送ることができている。

なぜ貧乏だった私があっという間に数棟の物件を手に入れ、しかも悠々自適の生活が
できるようになったのか?

あなたには、その一部始終を公開しようと思います。
頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる





頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる

年収243万円、勤続2年にも満たない男が、1億2,500万円の投資用不動産を購入できた驚愕の方法を初公開
posted by 不動 at 22:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産購入から大家になるまでのノウハウ
倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定4時間セミナー
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
頭金不要の1棟買い不動産投資
不動産購入から大家になるまでのノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。